【2021.12】Google Adsense審査通過で感じたこと

スポンサーリンク

blogの本題とは違いますが、このblogで審査を1発通過したので何か参考になればと思い記事を書いてみました。
こういう感じで通りました、っていうのを書いてます。

Google Adsense審査に関連する記事は各所で散々書かれてるので要件をメインに。
自分がやったことはそれほど難しくなかったです。
当記事だけでは完結しません。他サイトで用意すべきものは調べていただければ。
ここで書くのは記事内容について、通過の明確な答えは誰にもわかりませんが、どういう風に記事を書いてAdesnseを通過したのかに言及したいと思います。

用意したもの(他サイトで制作方法は調べてください)
wordpress(ConoHa Wing Coccon)

固定記事
問い合わせ先
サイトマップ
プライバシーポリシー
プロフィール
免責事項
当サイトについて

ここからが記事内容になります。
画像:記事内では利用してません(審査通過後につけました)
アイキャッチ:フリー画像をもってきて文字入れしました
記事数:審査直前までで10記事程度、審査の通過可否まで(半月ほどかかりました)に10記事弱の計20記事程度
文字数:1000~2000
アフィリエイト:なし
外部リンク:なし (他で書いているblogから多少の流入あり)
内部リンク:少々
アクセス数:25日程度でトータル100以下

書く方によって記事のジャンルは異なるので、書きたい記事を。
中学生レベルの読書感想文が20記事前後書ければ、プライバシーポリシーなどの最低限のものを準備して、画像なしでも通るのではないかな? というのが率直な感想です。
画像が一切使われてないもので通せたので。

スポーツなら試合のレビュー、プレビュー、レギュラーメンバー
料理ならレシピと調理工程
ゲームなら攻略方法や装備、敵、立ち回り

Adsense通過がスタート地点でもあると思ってます。
なので、審査前の準備段階と、審査中の記事程度の期間(1ヶ月くらい?)は2,3日に1記事でも書けなければ、その後のblog継続と言う意味では難しいのではないかなと。

以下雑記
ちなみに、上記内容で落ちた場合どうしたらよかったのかはわかりません。
記事を増やしてどうこうなるものなのか。
あるいはアクセス数が増えれば通りやすいのか。

自分は芸能と言うジャンルなので、画像については諸説言われてます。
Googleは需要があるかないかに重きを置いてるので、誹謗中傷の類でなければ肖像権などのグレーなものについては黙認されがちという話もあります。
正確に取り締まればYoutubeやblogの多くは消えてしまうという通説までありますからね。

アフィリエイトや権利的に画像が厳しいものなどを使って審査に通らないとなると、改善点や理由をどこに求めら良いかわからなくなるので、怪しい基準のものをなくした結果。
文章だけで、画像もアイキャッチにフリーのもの(自分で撮影したものの場合もあるでしょうし)を使用して無事審査通過となりました。

タイトルとURLをコピーしました